東北・夢の桜街道

Home > 八十八ヵ所 桜の札所巡り > 中流域北エリア > 51番 野川沿いの紅枝垂れ桜

 

   
場所
小金井市
中町4丁目〜
前原町2丁目
地図
周辺MAPはこちら
桜の本数
160本
桜の種類
紅枝垂れ桜/
染井吉野
写真
なし
動画配信
なし
天気
天気予報はこちら
開花情報
開花情報はこちら
おすすめ
 
   

 自然の趣が感じられるように護岸された野川。小金井新橋から小金井神社前の天神橋までの約600mに渡って、100本の紅枝垂れ桜と60本ほどの染井吉野が立ち並ぶ。樹高はそれほど高くはないが、紅枝垂れ桜がレンギョウや菜の花とともに川沿いを覆う眺めは壮観。

 

 はけの道に沿って歩いていくと、「ムジナ坂」や洋画家・中村研一のアトリエ跡の「中村研一記念小金井市立はけの森美術館」が近くにある(平成23年9月20日より改修工事のため休館。平成24年3月下旬開館予定)。併設されている「美術の森」緑地は、大岡昇平がムジナ坂に近い富永家に滞在して構想を練ったという小説『武蔵野夫人』の、モデルとなった場所の一つだとも言われている。緑地内には、かつての中村研一の邸宅が、喫茶棟としてオープンしており、作りたてのシュークリームやタルト、マフィンなどが近隣の奥様方に支持されている。桜の名所、武蔵野公園や多磨霊園へも歩いて行ける。

大谷桜守から一言
橋の上から眺める川沿いの“枝垂れ桜”はとても見事で、橋から上流に続いています。住宅沿いの歩道より、下方の水辺の小道をゆっくり歩くことをお薦めします。住宅沿いの桜の枝は成長に伴って切られると思いますが、その際は切り口を融合剤で処置してください。

■オススメコース
武蔵小金井駅→野川→はけの森美術館→美術の森
→ムジナ坂→武蔵野公園→バスで府中駅

■アクセス
JR中央線「武蔵小金井駅」〜徒歩20分

■周辺情報
☆駐車場なし
●中村研一記念小金井市立はけの森美術館 TEL:042-384-9800