東北・夢の桜街道

Home > 八十八ヵ所 桜の札所巡り > 中流域北エリア > 54番 大國魂神社

 

   
場所
府中市
宮町3丁目
地図
周辺MAPはこちら
桜の本数
3本
桜の種類
枝垂れ桜/染井吉野
写真
その他写真はこちら
動画配信
なし
天気
天気予報はこちら
開花情報
開花情報はこちら
おすすめ
 
   

 桜通りの中ほどから公園通りに平行するけやき並木の先には大國魂神社がある。境内には枝垂れ桜もあるので、武蔵の国の守り神を参拝がてら、鑑賞しておきたい。1967年頃、「明治100年記念事業」の一つとして、地元ロータリークラブより奉納されたもので、巨木と呼ぶには貫禄が今ひとつだが、今後の生育が楽しみな桜でもある。

 

 神社の歴史は古く、111年(景行天皇41年)5月5日、武蔵の国の守り神である大國魂大神を祀ったのが始まり。のちに徳川家康が関ヶ原の戦いや大阪の陣の戦勝祈願成就のお礼として馬場を献上し、本殿や拝殿を修築している。周辺には歴史のある神社・仏閣・史跡が残り、近代的なビルの合間にかつての趣を残す商店もいくつかある。駐車場脇の府中市観光情報センターでは、毎月第一木曜10時から観光案内人ボランティアによる「観光ミニツアー」(所要約2時間、無料)を実施している。また、競馬ファンなら最寄りの東京競馬場に立ち寄るのもいいだろう。場内に各種レストランのほか、遊園地、ミニ新幹線などがあるので、ファミリーで楽しむこともできる。

大谷桜守から一言
大國魂神社というと、大きなケヤキに囲まれているイメージを持っていましたが、境内に入ってみると、右手に一本のしだれ桜がありました。歴史を感じさせる建物の中で、そこだけが優美な雰囲気をかもしだしていました。

■オススメコース
大國魂神社→府中多摩川かぜのみち

■アクセス
京王線「府中駅」〜徒歩5分

■周辺情報
☆有料駐車場あり 
●大國魂神社 TEL:042-362-2130
●府中市観光情報センター TEL:042-302-2000
●東京競馬場 TEL:042-363-3141

■その他写真