東北・夢の桜街道

Home > 八十八ヵ所 桜の札所巡り > 中流域北エリア > 72番 羽村取水堰と玉川上水

 

   
場所
羽村市
玉川1・2丁目
地図
周辺MAPはこちら
桜の本数
400本
桜の種類
染井吉野
写真
その他写真はこちら
動画配信
なし
天気
天気予報はこちら
開花情報
開花情報はこちら
おすすめ
   

 「多摩川八景」の一つに数えられる羽村取水堰と、史跡指定を受けた玉川上水沿いに約400本の染井吉野が咲く、都内でも有数の桜スポット。毎年3月下旬〜4月下旬に催される「はむら花と水のまつり」では、前半が「さくらまつり」、後半が「チューリップまつり」となり、模擬店、無料の野点や、「小菅の湯」「日の出町つるつる温泉」の湯を引いた足湯が登場。「さくらまつり」後半と重複して始まる「チューリップまつり」では、水田跡に咲く23品種・40万本のチューリップを一望する展望台を設置し、鮮やかな原色の絨毯を堪能できる。

 

 羽村堰は江戸時代の1653年、江戸住民の飲料水を確保するために築かれたもの。現在の姿に改修されたのは明治23年(1900年)のことであり、ここから取水された多摩川の水が玉川上水に流れ込み、東京都の上水道に供給されている。

 玉川上水と羽村の歴史を紹介した「羽村市郷土博物館」も興味深い。

大谷桜守から一言
玉川上水の両側から、水面に向かって枝を伸ばした桜の様子は、とても美しい。 堰から阿蘇神社に向かう途中の川沿いにも、高木になった桜並木があり、風景はいいものの、かなり傷んでいます。早期の対策が望まれます。

■オススメコース
羽村取水堰→玉川上水遊歩道→羽村市郷土博物館

■アクセス
JR青梅線「羽村駅」〜徒歩15分

■周辺情報
☆「はむら花と水のまつり」期間中は、周辺に臨時駐車場を設置(有料)
☆「チューリップまつり」期間中、土・日を中心に最寄り駅と会場を巡回する
無料シャトルバスを運行予定
●羽村市観光協会 TEL:042-555-9667

■その他写真