東北・夢の桜街道

Home > 八十八ヵ所 桜の札所巡り > 中流域南エリア > 37番 金南寺

 

   
場所
八王子市
西浅川町
地図
周辺MAPはこちら
桜の本数
1本
桜の種類
枝垂れ桜
(樹齢100年以上)
写真
その他写真はこちら
動画配信
なし
天気
天気予報はこちら
開花情報
開花情報はこちら
おすすめ
   
   

 現在の本堂は昭和42年に新築されたものだが、開山は南北朝時代の1364年という由緒あるお寺。江戸時代に高尾山から招かれた秀仙和尚の頃には寺子屋を併設し、住民たちに「読み・書き・そろばん」を教えたと伝えられている。江戸時代の文政元年(1818年)以前に多摩八十八ヵ所が開かれていたが、ここもその霊場の一つ。

 

 本堂手前には、スリムな幹のしなやかな枝垂れ桜。推定樹齢100年以上といわれ、近年、老朽化が激しく添え木をされて大切に守られている。桜の下には、2頭の象の石像。1頭の象の背中には子供の象が乗り、合掌している姿がとても愛らしい。しかしなぜ、お寺の境内に象なのか? 実は、お釈迦様の母であるマーヤ夫人は、白い象が脇の下から体内に入る夢を見てお釈迦様を懐妊したことに由来している。象はお釈迦様ととても縁の深い動物らしい。高尾駅周辺には有名な枝垂れ桜が数ヵ所あるが、ここはひっそりとした佇まいがいい。夜21時まではライトアップも。

大谷桜守から一言
高尾駅周辺には枝垂れ桜の見どころが幾つかあり、金南寺もその一つです。本堂の屋根を越える大きな枝垂れ桜。日当たりも良く、根元まで枝を伸ばし見事な花を咲かせます。屋根の向こうにも枝垂れ桜があり、本堂を間にして桜の写真を撮る人が増えているようです。

■オススメコース
高尾山口駅→高尾山でハイキング→高尾駅→大光寺→金南寺

■アクセス
JR中央線・京王線「高尾駅」〜徒歩15分

■周辺情報
☆駐車場なし
●金南寺 TEL:042-661-2357

■その他写真