東北・夢の桜街道

Home > 八十八ヵ所 桜の札所巡り > 上流域エリア > 77番 広徳寺 

 

   
場所
あきる野市
小和田
地図
周辺MAPはこちら
桜の本数
15本
桜の種類
枝垂れ桜/染井吉野/
彼岸桜
写真
なし
動画配信
なし
天気
天気予報はこちら
開花情報
開花情報はこちら
おすすめ
   
   

 秋川南岸の秋川丘陵の小高い山麓に位置する「広徳寺」は、応安6年(1373年)創立の臨済宗建長寺派の古刹。小田原北条氏との関わりも深く、客殿に北条早雲・氏綱・氏康・氏政・氏直の位牌が安置される。境内には枝垂れ桜、染井吉野などが花を咲かせ、苔むした茅二層式の山門が桜のほのかな色合いの中に溶け込み美しい。本堂裏のタラヨウ、カヤの大木は都の天然記念物に指定されているほか、境内全体が東京都の指定史跡に。総門と山門はあきる野市の指定文化財となっている。2本の見事なイチョウの古木もあり、秋になると黄葉が見事。

 

 かつて木材や生糸の取引を通じ発展した五日市。武蔵五日市の駅から広徳寺までの道程には、古い佇まいの商店や地蔵堂など、当時の面影が残る。明治14年に私擬憲法を草案するなど、進取の気性に富んだ当時の五日市の人々。「五日市憲法草案の碑」を見ながら思いを馳せてみるのも良い。山を望む「小和田橋」からの眺めも気持ちがいい。 

大谷桜守から一言
広徳寺といえば、大きな総門を覆いつくす大きな二本のイチョウの黄葉が有名です。春の季節には山門の周辺には山桜、本堂の左手には枝垂れ桜が咲き、周辺の小峰公園と光厳寺の桜と合わせての散策も楽しめます。いつの季節でも落ち着いた雰囲気が気に入っています。

■オススメコース
武蔵五日駅→秋川街道・檜原街道→五日市憲法草案の碑→小和田橋→広徳寺

■アクセス
JR五日市線「武蔵五日市駅」〜徒歩25分

■周辺情報
☆無料駐車場あり
●広徳寺 TEL:042-596-0021