東北・夢の桜街道

Home > 八十八ヵ所 桜の札所巡り > 下流域エリア > 10番 九品仏浄真寺

 

   
場所
世田谷区
奥沢7丁目
地図
周辺MAPはこちら
桜の本数
50本
桜の種類
染井吉野/八重桜
写真
なし
動画配信
なし
天気
天気予報はこちら
開花情報
開花情報はこちら
おすすめ
 
   

 徳川4代将軍家綱の時代、1678年に建立された由緒ある浄土宗のお寺。芝・増上寺の別院で、上品堂、中品堂、下品堂の3つの仏堂が並び、それぞれに3体ずつ、あわせて9体の阿弥陀如来像が安置されていることから九品仏と呼ばれている。境内は3万6000坪、各仏堂に使われている丸い柱は36本、本堂との距離は36間・・・と、あちこちに往生にちなんだ数字が使われている。木々に覆われ、清らかな空気が漂う長い参道を抜け、彫刻が見事な鐘楼や高さ20mの楼門、落ち着いた庭園などを見ていると、京都や鎌倉にでも行ったかのような気分になる。3月下旬〜4月上旬頃に満開となる桜は、50本ほどの古木。枝が折り重なるように咲き、木造建築によく映える。季節を変えて秋に訪れると境内はイチョウに包まれる。

 

  周辺には桜の名所でもある等々力渓谷もあるので、2駅先の等々力まで足をのばし、大井町線散歩を楽しむのも良いだろう。

大谷桜守から一言
歴史を感じさせる任応門や鐘楼から本堂に向かうあたりの桜の満開時、それも夕暮れ時の光が柔らかい時間帯の雰囲気が好きです。桜は日当たりを好む性質があるので、周囲の樹木とのバランスをよく考え、時には周りの枝を切ることも必要かと思います。

■オススメコース
九品仏駅→浄真寺→等々力渓谷公園→等々力不動尊→等々力駅

■アクセス
東急大井町線「九品仏駅」〜徒歩1分

■周辺情報
☆駐車場なし
●九品仏浄真寺 TEL:03-3701-2029